要望書 堂本千葉県知事宛

平成13年12月26日

千葉県知事
堂 本 暁 子 様

  北総・公団鉄道運賃値下げを実現する会
                                    会長 吉田 治男

北総・公団鉄道の通学定期割引率引き上げを求める要望書


 北総・公団鉄道は、千葉ニュータウン唯一の鉄道であり通勤・通学そして生活のために欠かせないものです。この鉄道の高運賃は千葉ニュータウン事業開発の遅れと、鉄道建設債務の高金利負担によるものと認識しています。特に通学定期は他社と比べて約4倍と家計を大きく圧迫し、このため学校の選択肢が狭められたり、危険な遠距離自転車通学を余儀なくされています。

 北総開発鉄道鰍フ懸命なる経営努力と、昨今の経済情勢による低金利への切り替わりのため、同社は平成12年度決算で、創業以来始めて黒字を計上し、さらに今年度の上半期中間決算で黒字幅が大きく拡大しました。関係機関から支援を受けながらの収支改善ということは十分承知をしており、また巨額の累積債務があることも重々承知をしていますが、同社の利益の一部を利用者に還元することが必要と私たちは考えます。

 千葉県は11月27日付で北総開発鉄道鰍ノ対し、通学定期の割引率について検討するよう申し入れたとのことですが、関係機関で早急に協議・検討をし、一日も早く実施される事を強く要望致します。

 

HOME  活動報告NEW