公開質問状への回答 2001年2月 千葉県知事立候補予定者

選挙の前に、参考資料として手配りしたチラシの内容です。配布を前提に事前に公開質問したものに対する回答をのせたものです。

「北総・公団鉄道運賃値下げを実現する会」

千葉県 知事立候補予定者にききました。

3月25日(2001年)に千葉県知事選挙が実施されます。

立候補予定者4名(2月15日現在)の方々に、北総・公団鉄道運賃値下げに関連して公開質問状(4頁及び本項下記参照)を送付し、回答をお願いしたところ、4名全員の方々から回答を得ました。いただいた回答は2〜3頁に到着順に掲載しました。

 最近出馬意向を表明された門田船橋市議ほかについては収録できませんでした。

 5期20年に亘る沼田知事の時代が終わり、新しい千葉県政を担う知事を選出することになります。これまでの県政では、印旛・北総台地に十分な目が向けられていなかったと考えるのは私だけでしょうか。北総・公団鉄道運賃が異常なまでに高く、その是正を求める署名数が64,000にのぼりました。新たに県知事となられる方に、この印旛・北総台地の抱える課題の存在と実状について認識していただき、この問題に果敢に戸りんでいただくよう要望いたしました。今後も、当会としては、北総線の運賃の適正化が実現するよう求めて行きます。

立候補予定者:河野 泉 さん(60) [医師]
「明るい民主県政をつくる会」

1 1)高すぎる。下げるべきだ。2) 協力できる。

2 8月概算予算計上の件 回答は3参照

3 

 北総・公団鉄道の経営を圧迫する当面の最大要因となっている償還金の利子負担について、これを軽減するために、低金利資金への借換もしくは直接の財政支援を国の全面的な責任で他立ちに実施させる必要があり、その実現のためにあらゆる努力を尽くしたいと考えます。鉄道利用者の増大をはかる一環として、ニュータウンをいかに住みやすい街として整備して行くかは重要な課題であり、県としても大きな責任を負っていると思います。
 一方、鉄道の成田延伸については、莫大な建設費を要すること、それに見合う利用者増大がはかられるかどうかについては不確かなこと、等々を考え合わせると、更なる経営圧迫要因となりかねない懸念もあり、充分に吟味する必要があると考えます。

以上

 

立候補予定者:若井 康彦 さん(54) [都市計画プランナー]
「県民主役の千葉を創る会」

1 1)高すぎる。下げるべきだ。2) 協力できる。

2 8月概算予算計上の件 必ず実現する

3 

 北総・公団鉄道の極めて高い運賃については、家族共々この鉄道を利用しておりますので、身にしみて分かっております。北総線は千葉ニュータウンの生命線であり、私が政策を掲げている地域の自発性を高めるためにも、この鉄道がそこの住む人々にとり使いやすい鉄道でなければなりませんし、また、今のような状況が放置されるならば、千葉ニュータウンは今後の急速な少子高齢化に対応できず、ゴーストタウンになる可能性も大きいと考えます。
 ニュータウン事業者として千葉県の責任は重く、運賃の適正化は最重要課題です。具体的には、すでに設置させている「北総・公団鉄道利用促進協議会」の積極的運営、国への北総開発鉄道(株)への支援の要請を今以上の行う必要があると考えます。また首都圏と成田空港を高速で結ぶ成田新高速鉄道建設については、事業費に関わる地元負担の問題、ルート決定に伴う自然環境保全の問題等議論すべき多くの難題はありますが、千葉ニュータウンの活性化及び利用者増に伴う北総開発鉄道経営安定化そしてその先にある運賃の適正化の為にも早期開業をめざすべく、県はリーダーとしての役割を担う必要があります。

以上

 

立候補予定者:岩瀬 良三 さん(67) [参議院議員]
「安心で夢のある千葉県をつくる会」

1 1)高すぎる。下げるべきだ。2) 協力できる。

2 8月概算予算計上の件 必ず実現する

3 

 運賃値下げを要望する沿線住民の署名が64,000名にのぼっていることは重く受け止めております。千葉ニュータウン事業の上から見ても、県として真剣に取り組むべき課題と認識しています。運賃レベルはJRおよび京成電鉄と比べると約1.5倍(初乗りの場合)、距離別比較だと2倍3倍程度ではないかと理解している。
 北総・公団線の高い運賃水準は事業者における経営健全化、即ち人件費を含む徹底した経費節減、ダイヤ改正や各種イベントの開催等旅客サービスの向上、旅客誘致を図っていると聞いておりますが、なお、一層の努力が必要ではないかと考えます。
 県としても、会社に対して、「北総開発鉄道利用促進協議会」を設置し、協議・検討しているところです。なお、県として助成措置等も含め、引き続き真剣に検討してまいりたい。

以上

 

立候補予定者:堂本 暁子さん(68) [参議院議員]
「21世紀の千葉を創る県民の会」

1 1)高すぎる。下げるべきだ。2) 協力できる。

2 8月概算予算計上の件 必ず実現する

3 

 北総開発鉄道株式会社が発表した平成12年度上半期の決算によりますと、昭和54年の開業以来、初めて黒字を計上したとのことですが、鉄道建設に絡む1,400億円にのぼる借金を返せる状態ではないと認識しています。この鉄道は千葉ニュータウンのアクセスとして生まれたわけですが、その目的のためだけに誕生した新会社では当期の営業利益を黒字にするだけで20年もかかったという実情です。北総開発鉄道の経営努力だけでは膨大な借金を返し、なおかつ”自力値下げ”に向かうことは簡単なことではありません。鉄道運行という社会的責任を考えると、用地取得から鉄道建設という重荷をすべて新会社に負わせるというところに無理があったのではないかと思います。そのためには、出発当初の親会社である京成電鉄と千葉ニュータウンの開発事業者の千葉県、都市基盤整備公団が国に働きかけ、”政治的”解決に向け努力することが鉄道利用者・県民の要望にかなう道だと認識しています。運賃値下げについては、関係市民の皆様の一部に鉄建公団等への無償貸付方式や大手私鉄との経営統合方式などの選択肢もあると思いますので、県民の皆さんと共に考えながら最善の道を模索していきたいと考えます。

以上



 
HOME  活動報告NEW