チラシNo.4 衆議院議員立候補予定者への公開質問状

「北総・公団鉄道運賃値下げを実現する会」

みなさんからの残りの署名簿(7,404通、合計署名数63,912名)と共に、都市基盤整備公団、運輸省、建設省に運賃値下げの要望を行いました。

北総・公団鉄道運賃値下げ要望に協力いただいた署名簿(1999年10月より)総数は、63,912名に上りました。2000年3月28日、都市基盤整備公団・牧野徹総裁宛に、また、同年4月24日には、沿線四市町村長、議会議長、国会議員3名と共に、運輸省、建設省に、全署名63,912名の写を手渡すと共に、運賃値下げの要望を行いました。

主要政党・衆議院議員立候補予定者に聞きました!!

この北総線運賃値下げ運動は、高度に政治的な問題です。国会議員の方々の応援が必要です。6月(2000年)には衆議院議員選挙が行われようとしているこの機会に、この北総線運賃問題について、今回立候補予定者の方及び各党本部の考え方を事前にお尋ねし、選ぶ方も・選ばれる方も、一層の関心と理解を深めていただきたく、みなさんに披露させていただきます。(順不同)


2000年4月吉日
自由民主党 公明党 保守党 民主党 社民党 共産党 御中
水野 賢一様  須藤 浩様  関 和夫様
北総・公団鉄道運賃値下げを実現する会
公開質問状(お願い)
 
拝 啓
 昨年来、千葉県印旛郡本埜村滝野地区住民から始まった、北総・公団鉄道運賃値下げを求める署名運動は、印西市住民の協力を経て、「北総・公団鉄道運賃値下げを実現する会」に引き継がれ、沿線市町村の住民・沿線利用者63,912人の署名による支持を受けて、都市基盤整備公団総裁宛、運賃値下げの要望を行うに至りました。また、運輸省、建設省にも同趣旨の要望を行って参りました。
 
 平成10年9月に、すでに異常な高さにあった北総・公団鉄道運賃は、6年連続の地価下落をはじめ物価水準を表す卸値物価も下降する中、沿線四市町村首長が北総開発鉄道株式会社に対して運賃値下げ要望をしたにもかかわらず、更には住民の運賃据え置きの願いもむなしく、10%超の値上げが実施され、爾来、同鉄道運賃値下げの実現を求めて運動が展開されたものです。
 
 沿線住民にとっては、会社経営の赤字体質を理由とする度重なる運賃値上げを受け入れることが出来ません。私たちは、関係者のみなさんに、部分的な値下げなりとも速やかに実現出来るよう、北総開発鉄道の経営改善の再構築をしていただきたく訴えて参りました。そして長期的には成田延伸の中で、北総開発鉄道がJR、京成鉄道、リムジンバス等と対等に競争できる運賃体系をベースにした経営構築を求めて運動を展開しています。これが、北総・公団鉄道運賃問題を根本的に解決する筋道であると考えています。
 
 成田延伸の早期実現が、北総開発鉄道にとって、空港アクセス鉄道として増大する航空旅客輸送の責務を果たし、実現が早いほど経営改善を早く実現することが出来き、併せて、千葉ニュータウン事業の促進を可能にします。何にもまして、日本の空の玄関・成田と日本の首都とを結び、成田空港アクセス問題に解決を与えます。これ故にこそ、このB案ルートが国策としての位置づけを受け、その実現が急がれる所以があると信じます。この鉄道の抱える課題・延伸は、国費を注ぎ込むに値する事柄であると考えます。
   
 しかし、これらは高度に政治的で、財政投融資等、国の根幹に関わる課題をも含んでいます。主要政党、国会議員の方々のご理解とご尽力無くして実現することが出来ません。近々国勢レベルの選挙が実施されようとしています。この機会に、この北総・公団鉄道運賃問題・延伸に関して、各政党、立候補予定者、そして沿線居住者の、より一層の理解と関心を喚起いたしたく、次頁の公開質問状を用意いたしました。つきましては、忌憚のないご意見を賜りたくお願い申し上げます。
敬 具
 
お尋ね事項(お願い)

この北総・公団線運賃問題についてお尋ねします。
沿線住民に一層の関心と理解を深めていただくため、ご回答を、私たちのチラシに盛り込み、沿線住民へ、各戸配布により披露する予定に致しておりますので、ご承知置き下さい。

 
(1)北総運賃問題についてどのようにお考えですか。

   現在の運賃レベルは: □妥当 □高すぎる。(□が、止むをえない。 □下げるべきだ。)

(2)運賃値下げに向け、今後この課題にどのように取り組んでいただけるか、お伺いいたします。

   □私、 □党、は   □協力できる  □協力が困難  □その他

(3)ご回答・ご意見:(掲載予定のため、400文字を限度に要約ください。)

 
 
 
(お願い)
ご回答者のご氏名・連絡先・連絡方法をもお知らせください。
   
    ご氏名  
    連絡先  
    ご連絡方法 Mail
      Fax
      電話
        

・ご回答については、5月15日までに下記連絡事務局宛お願いします。

             
連絡事務局:「北総・公団鉄道運賃値下げを実現する会」
〒270-1424 白井町堀込2-3-11-304
事務局長 吉田治男
Tel:047-491-1343・Fax: 047-491-0419 E-mail:harunobu@ba2.so-net.ne.jp
 
 
 
 
 
添付資料: 有(資料名:
         無
                                     以 上
 
 
HOME  活動報告NEW