一般的な飛行機 旅客機 の翼は先端に行くほど若干胴体の後方側に伸びており 後退翼 と言います また先端に行くほど幅が狭くなる形になっています テーパー翼 と言います. その結果 主翼の上と下とでは 圧力の差ができます そのため 主翼を上に持ち上げようとする力がはたらきます この作用は 飛行機の速さが大きいほど 大きくなります このことを つぎの実験で確かめてみましょう 実験1. 空の上から虹を見るとどんな形に見える […]

Aileron とは 飛行機 を バンク 横転 ロール させるのに使う 動翼 である. とくに飛行機の翼は翼端 翼の端っこ に起こる渦によって大きな抵抗を受けます これを 誘導抗力 といいます 地面近くを飛ぶと この渦が地面に邪魔されて大きくならないので 誘導抗力 が小さくなります. […]