平面形が単純な長方形である翼 第一次世界大戦ごろまでの複葉機に多かった 現代では 構造が簡単で製造しやすいことから 廉価な小型機にしばしば適用される 翼を取り外して収納 輸送するにも便が良い 矩形翼は 失速状態付近において翼付け根に近いところから翼上面の流れが. 前述の 一般的な翼型 は 一般的な 航空機 において最もよく使われる速度領域 つまり亜音速領域 マッハ数 m 0 8 […]

曲線形状の翼は生産性に劣ったりコストが増大したりするため 現在では楕円翼はほとんど採用されない 楕円翼は 戦間期 の 航空機 に多くみられ スーパーマリン の シュナイダー トロフィー レース 機や ハインケル の高速機などで使われている. 一般的な飛行機 旅客機 の翼は先端に行くほど若干胴体の後方側に伸びており 後退翼 と言います […]

Aileron とは 飛行機 を バンク 横転 ロール させるのに使う 動翼 である. とくに飛行機の翼は翼端 翼の端っこ に起こる渦によって大きな抵抗を受けます これを 誘導抗力 といいます 地面近くを飛ぶと この渦が地面に邪魔されて大きくならないので 誘導抗力 が小さくなります. […]

形状抵抗は図2に示すように さ らに摩擦抵抗と圧力 抵抗に分けられるが 後 者の発生要因である流れの剥 離は飛行機では極めて少なく っ まり摩擦抵抗が主で ある こ れは機体表面積 濡 れ面積 に 比例し 亜 音 速機の場合には全抵抗の約. 形状が […]