初期の航空機の翼型として採用されたのが 鳥の翼の断面 上図5番目 のような厚みのない 薄翼 thin airfoil です. 旅客機は一般的に約20年間 3 6万回ほどの飛行が経済的で安全な範囲で行えるように作られており これを実現するためには余裕をみて6 12万回の飛行に耐える強度が求められる 注 1 注 2 基本的に強度部材は軽量なアルミニウム合金で作られているが 21世紀現在では金属に比べて軽量で強度. ペットボトル船の作り方 […]

旅客機は一般的に約20年間 3 6万回ほどの飛行が経済的で安全な範囲で行えるように作られており これを実現するためには余裕をみて6 12万回の飛行に耐える強度が求められる 注 1 注 2 基本的に強度部材は軽量なアルミニウム合金で作られているが 21世紀現在では金属に比べて軽量で強度. 桁はさらに 腹板 web フランジ flange 補強材 stiffener からなります. M […]